OS X へのインストール

OS X に MongoDB をインストールしてみます。

* はじめに
* インストール
* 起動する


はじめに

このページでは、Mac OS XシステムにMongoDBのコミュニティ版(無償版)をインストールする方法について解説します。


インストール

OS Xの場合は毎度のごとくHomebrewで一発です。ありがたいですね。

$ brew install mongodb
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/mongodb-3.2.4.el_capitan.bo
Already downloaded: /Library/Caches/Homebrew/mongodb-3.2.4.el_capitan.bottle.tar.gz
==> Pouring mongodb-3.2.4.el_capitan.bottle.tar.gz
==> Caveats
To have launchd start mongodb at login:
  ln -sfv /usr/local/opt/mongodb/*.plist ~/Library/LaunchAgents
Then to load mongodb now:
  launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mongodb.plist
Or, if you don't want/need launchctl, you can just run:
  mongod --config /usr/local/etc/mongod.conf
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/mongodb/3.2.4: 17 files, 208.7M

ちなみに、TLS/SSLをサポートした版をセットアップする場合は

$ brew install mongodb --with-openssl

としてください。


起動する

設定ファイルは/usr/local/etc/mongod.confに作成されています。

systemLog:
  destination: file
  path: /usr/local/var/log/mongodb/mongo.log
  logAppend: true
storage:
  dbPath: /usr/local/var/mongodb
net:
  bindIp: 127.0.0.1

データやログを保存するディレクトリも自動で作成されているので、この設定のまま起動してみます。

$ mongod --config /usr/local/etc/mongod.conf

コンソールに何も表示されなければ、正常に起動しています。終了する際はControl+Cを押してください。