Windows へのインストール

Windows に MongoDB をインストールしてみます。

はじめに
インストール要件
ダウンロード
インストール
Windows サービスに登録する


はじめに

このページでは、WindowsシステムにMongoDBのコミュニティ版(無償版)をインストールする方法について解説します。


インストール要件

MongoDBをインストールするには、Windows Server2008 R2 またはそれ以降のサーバーOS、Windows Vista またはそれ以降のクライアントOSのいずれかが必要です。


ダウンロード

ダウンロードのページには、下記の4種類のインストーラが用意されています。

Windows 64-bit 2008 R2+
Windows Server 2008 R2以降のサーバーOS、Windows 7以降の64bit版クライアントOSで動作します。
Windows 64-bit 2008 R2+ legacy
動作するOSは上記と同じですが、SSL暗号化機能が含まれていません。
Windows 64-bit legacy
Windows Vista/Server 2003/Server 2008で動作します。SSL暗号化機能および最新の機能が含まれていません。
Windows 32-bit
32bit版OSで動作します。上記に比べ様々な制限があります。

特別な理由がない限り「Windows 64-bit 2008 R2+」(mongodb-win32-x86_64-3.2.4-signed.msi)の使用をお勧めします。特に32bit版OSは、新しいストレージエンジン’WiredTiger’に対応していない等の制限があり、お勧めしません。


インストール

ダウンロードした.msiファイルをダブルクリックで起動し、ウィザードに従って進めていくだけでインストールは完了します。
デフォルトではC:\Program Files\MongoDB\Server\3.2にインストールされます。


Windows サービスに登録する

MongoDBを起動する方法はいくつかありますが、ここでは「Windows サービスに登録し、設定ファイルを読み込んで起動する」という方法について説明します。

データベース用ディレクトリを作成する

データやログを保存するディレクトリを作成します。場所や名前は自由に指定できます。
ここでは、Dドライブ直下に「mongodb」ディレクトリを作成し、その中にdata(データ用)とlog(ログ用)ディレクトリを作成します。
(公式ページではc:\data\dbc:\data\logを指定していますが、あまり気に入らないので…)

設定ファイルを作成する

設定ファイルを作成します。
フォーマットは別章で説明しますが、とりあえず最低限必要となるsystemLog.pathstorage.dbPathの部分のみ、下記の様に記述します。
また、設定ファイルの名前や場所も自由に指定できますが、今回はmongod.cfgというファイル名でd:\mongodb直下に保存します。

systemLog:
  destination: file
  path: d:\mongodb\log\mongod.log
storage:
  dbPath: d:\mongodb\data

Windows サービスに登録する

コマンドプロンプトを「管理者として実行」し、下記のコマンドを実行して、Windows サービスに登録します。

"C:\Program Files\MongoDB\Server\3.2\bin\mongod.exe" --config D:\mongodb\mongod.cfg --install

起動する

「サービス」ウィンドウを開き、「MongoDB」サービスを起動します。
コマンドから起動する場合は、コマンドプロンプトを「管理者として実行」し、

net start MongoDB

と入力して実行します。

ちなみに、Windows サービスから削除する場合は、

"C:\Program Files\MongoDB\Server\3.2\bin\mongod.exe" --remove

と入力して実行します。